« 2009年3月 | トップページ

2009年6月18日 (木)

子供の学力低下とスポーツ

 本日、TSCサッカースクール会場へ向かう直前、NHKで今後放送される「子供たちの学力低下」で「10歳前後での学力低下が激しい」といった、内容の一部分が紹介されていました。

 2~3分しか見ていませんが、映像ではその対策として、学校内(教室内)での様々な取り組みが流れていました。その光景を見て少し残念でした。

 なぜスポーツ(大勢での遊び)という視点に気が向かないのかと・・・

 文科省は「ゆとり教育」の失敗から、「授業時間を増やす」特に「算数・理科」を強化すると言っています。間違いではありませんが、発想・やり方が極端だなぁ~と感じます。

 10歳前後の子供たちの特徴は「学力低下」そのものよりも、「からだと心の発育不足」が「学習意欲」に大きく起因しているのではと感じています。私たちの古き良き時代、頭の切れる子供は外でよく遊んでいて、なんでもできる子が多かったと思います。勉強ができるというより、一人の人間(子供)としてトータルな自信に充ち溢れていたような気がします。ゆえに、自宅でも子供界のリーダーとしての規範意識のようなものが芽生え「学習力(意欲)」につながっていたのだと思います。

 10歳前後、からだではどんどん伸びる機能があります。それは「神経系」です。

 自転車を小学校3~4年ぐらいで簡単に乗れてしまうように、子供たちがもっとも短期間で「できた!!」と感じる、人生でのラストチャンスなのです。ドイツの学者マイネルは「即座の習得」と銘打ったように、この年代の子供たちには、遊びによる多様な神経刺激(経験)が人間の基礎を育てるのです。その一番の教科書は「スポーツ」特に「複数人数による外での遊び」であると考えます。

 スポーツという刺激学習は、左右の身体機能だけではなく、「感情」や「瞬時に見分ける」など、脳全体を刺激し、神経回路をどんどん増やしていきます。教室内での勉強では、部分的な刺激はありますが、全脳刺激というわけにはいきません。

 「僕はなんでもやればできるんだなぁ」と自分を認めることが、学力低下対策の近道であり、食育や睡眠確保にもいい影響を与え、トータルな判断力が身に着く「賢い」頭脳を持つのではないでしょうか。また、大勢で遊び、他の友達に「認められた!!」という経験も有効です。親よりも、学習環境(学校)で共にいる先生や友達から認められることが重要です。

 反対に、このまま「トータルな自信や判断力はない」けれども「算数や理科などの勉強(記憶力)は得意」・・・このような子供たちが未来を任されて大丈夫か不安です。

 スポーツは現在のところ教育をつかさどる文科省内にあるのですが、やはり横の連携がないのでしょうか。スポーツ担当者はもう少し、教科体育にしばられない視点を持ち続けてほしいものです。

 そういう意味でも、特に少年期において、大会優勝を目指し、同じスポーツしかしていない現状もとても気になりますし、スポーツが多くの課題解決の象徴となるよう環境分析・行動計画していかねば!!とさらに決意させられた2~3分映像でした。

| | コメント (2)

« 2009年3月 | トップページ