« 2008年12月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年3月23日 (月)

ワールドベースボールクラシック(WBC)に思う

 この3日間、日本サッカー協会にてJFAマッチコミッショナー研修会、JFAスポーツマネジャーズサテライトインストラクター研修、本日は日本クラブユースサッカー連盟理事会・総会という盛沢山な日々となった。

 少しホテルでの時間があったので、テレビを見ると、ワールドベースボールクラシック(WBC)「日本vsアメリカ」が飛び込んできた。どうもこの試合に勝つと韓国と5試合目となる決勝を迎える様である。職場では野球に関心のない方まで、対戦形式に疑問を投げかける方が多かったが、その点はこれからもいろいろあって仕方がないと感じる。

 それよりも、マネジャー目線で見ると気になる点がある。

 まずは、アメリカ代表にジーターなどがいるにもかかわらず、スタンドが満席でないこと。不景気や月曜開催であることなどが考えられるが、どうしてだろうと感じる。確かにJリーグの方が代表戦より入ることもあるので、様々な要因が考えられそうだ。さらに、審判がアメリカ人であることにも国際大会レギュレーションとして考えにくい。どんなに公平なジャッジしても人間である。

 もう一つ、この機会に「東京オリンピック」を意識してほしい気もする。実は東京オリンピック開催は日本での単独ワールドカップサッカー開催のための必須でもある。さらに、日本のメダル数にこだわった視点でみるなら、野球、ソフトボールなどのベースボール種目の復活は重要である。公開競技という手法もあるのだろうが、それでも、野球施設に恵まれていることもあり、東京開催への「強み」にできるはずである。メディアや協会、スポンサーやオリンピック組織委員会が協力して、IOC会長らを疑念を持たれないように上手く招待し、観戦シーンなどの映像で世界にPRするチャンスがあるのではと感じた。

 しかもWBC開催にはきっとビジョンがあるはずである。この不景気にも関わらず、多くのスポンサーが支援するのだから視聴率という対価もさることながら、スポーツの意義にも貢献したいところ。「野球は世界に対して、誰のためにどうしたいのか」を表現する場であると考えるが、視聴率戦略として「侍ジャパンvs外人チーム」にスポットを当てたくなるメディアの思惑も理解できないわけではない。

 日本に限らないかもしれないが、野球界の弱みは、内・外部環境分析から世界をターゲットにした戦略を見出し、それを具現化するリーディング組織がないことである。「出場している他の国よりはいい」という見方がもあると思うが、この「弱み」を日本がリーダーとなり「機会」にすることで野球の普及、野球で世界を幸せにすることに努めてほしいと思う。そして、そうなればサッカー界も協力するべきではと感じる。

 出場選手にもそのマインドを理解してもらう中で行えば、選ばれることによる「誇り」も高まるり、プロスポーツ選手としての価値をさらに上げるのではないかと感じた。

 現在、日本ではプロ独立リーグが増えており、ここ富山でも富山サンダーバーズが活躍している。将来、リーグ別の組織が、それぞれの動きをするのではなく、共有ビジョンに向け一つにまとまることが先決問題かもしれない。独立リーグには、その使命も掲げてほしいと感じる。そして、日本から堂々と世界に発信することが、ゲームに勝つだけではない本当の意味での「サムライ戦略」ではなかろうか。

 現在アメリカチームがリードしているが、この勝利の先に何があるのか、選手やスタンドのお客さんの顔にはどうも見えない気がする。さらに韓国との決勝が5戦目となるとそこにはどんな価値が生まれるのか、見届けたいと思う。

| | コメント (0)

2009年3月12日 (木)

「知る」という事の責任・・・

 よく私のような教育と言われる業界にいると、「知識は無いよりあったほうが良い。役に立つ」という人が多い。そのとおりだと思う。

 でも知るとどうなるのか・・・

 私は学生時代、富山で違和感を感じていたスポーツと全く違う感覚に新鮮さを感じ、さらに「少年期の想い」がよみがえったような気持ち・共感に襲われ、「これは富山へ戻り、伝えなくては」という使命感で一杯になった。

 でも、この20年間、その使命は未だ達成できていないと感じる。高校~大学生にかけて後光をさすようなビジョンが見つかっても、ここ富山ではそんな簡単にはいかない。

 時々、そんな感覚が無ければ楽な人生だったのに・・・と思うときもあるが、諦めるわけには行かない。最近になって「知る」ということには、「人生をかけて伝えなくてはいけないこともあるんだなぁ」と思う。

 「一般的な学習」と「スポーツ」から得るものとの違いは、派生する「責任」だろうと思う。

 一般的な学習は自己が満足することで達成できるが、スポーツはそれでは知ったことにはならない。知れば伝える・広めるなどの責任がある。

 今日はここまで!

| | コメント (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年6月 »