« がんばれ!カターレ富山 | トップページ | 大きな前進 »

2008年10月15日 (水)

ワールドカップ予選日本代表・・・ボディコンタクト・バランス

 前半30分を過ぎたが、ファーストディフェンスに対する意識は高いものの、あまり良くないようである。

 どこが良くないのか・・・日本の選手は倒れすぎである。起き上がるか、残していれば決定的な展開につながる局面で、簡単に倒れる。よく見ると分かるが、プレーが思い通りにいってない時(ファーストタッチミスやパスミス後のコンタクト)に、倒れてファールをもらうシーンが多い。ボディコンタクトを受けた時、「いいパスをしていれば」「いい残しをしていれば」審判はアドバンテージをとる。そんなシーンが前半一度も無かったように見えた。ここがシュートシーンになりにくい原因である。

 古来、ボディコンタクト・バランスに自信がないのか、ボールスピードを高めるため芝をわざわざ濡らしたにもかかわらず、濡れた芝にバランスを崩すのは日本選手、ウズベキスタンの選手はきちっと動けていた。

 展開力では上の日本、ボディコンタクトで負けない姿勢が鍵となりそうだ。倒れれば展開が止まり、ウズベキスタンのペースになりやすい。失点したシーンでは内田が後から捕らえているにもかかわらず、ボディコンタクトすることすら出来なかった。

 そんなことを言っている間に今、同点!! 中村のパスの精度がずれたものの、大久保の身体を張ったプレーが呼んだ得点シーンである。

 今も実況が「ファールもらえず!!」と言っている。そんなプレーはW杯出場を目指す日本、ちなみにホームで闘う姿勢ではないと感じる。

 どんなことがあっても倒れなかった、かつての中田英の常に腰(プライド)の入ったプレー(姿勢)を思い出して欲しい。ハードアタック&柔軟な発想による生き生きとしたプレーを魅せて欲しい。

 後半、何回倒れるか・・・そんな視点で観ると楽しいかもしれません。。。

 がんばれ日本!!

|

« がんばれ!カターレ富山 | トップページ | 大きな前進 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« がんばれ!カターレ富山 | トップページ | 大きな前進 »