« 中山前大臣辞任にみるスポーツの大切さ | トップページ | ワールドカップ予選日本代表・・・ボディコンタクト・バランス »

2008年10月 6日 (月)

がんばれ!カターレ富山

 昨日、カターレ富山ホームゲームにおいて、スポーツ観戦お出かけ支援募金による高岡愛育園様をご招待しました。さらに同時に富山セントラルライオンズクラブ様ご招待事業へのバックアップとして観戦ナビゲーションサービスを行いました。

 素晴らしいゲームに、天候も何とか崩れずもっていただき、関係各位に感謝いたします。

 さらに上位との直接対決で4位圏内へ突入できたカターレ富山よかったですね。ゲームでは下記のようにカターレの凄さを感じました。

・終盤に強い。相手のミスを着実についている。

・準加盟チーム(本当はクラブ)として気構えがJを目指していない他のチームと違う

・セットプレーに強い

・温かいハートフルなスタンドのお客様

一方、J昇格のため、残り7試合での改善視点としては・・・ 

・相手のミスプレーに助けられるのと、ミスを誘発させ得点につなげるとのは違う

 たとえばカターレの同点となる1点目。通常、前半終了間際にあの位置でファールをしてはいけない(鉄則)が、相手チームは背後から不要なファール。FKのこぼれ球をクリアーミス、絶好の位置にいたカターレ選手前に蹴ってしまい、ロスタイム失点となった。できれば、自分たちの意図あるプレッシャーからいいタイミングでボールを奪い、判断力を伴った展開から得点をするという、チームとして最も自信となる得点を重ねたいところ。

・流れを意図的に変えるグループ判断

 時間帯や状況によって、戦術にペース配分がない。これはスピードを落とせと言っているのではない。車で言えば、ギアが1速に入ったままになっている。流れを見てシフトを変えることで、常に円滑で効果的なドライビング、または省エネペースを維持することが可能となる。しかし、現在は点数を取り相手が消沈することで、ペースを作っている。ボクシングでいえば一発KOばかり意識するのではなく、ジワジワとペースをつかむことも重要。

 逆に言えば、前半、相手1点リード後、数分後に再び横河CKによるヘディングシュートがポストに当たり外れたが、それが内側に跳ね、2点目となっていたら、どのようにペースをシフトチェンジし、自陣のリズムに引き込むことができたか、現況では見通しが立たない感がある。

 もちろん、リーグ戦であり、得失点も意識し、がむしゃらに攻撃することも重要かもしれないが、残りの7試合をぜひ県民のためにも頑張ってもらいたいですね。

 みなさんで応援しましょう!! 

|

« 中山前大臣辞任にみるスポーツの大切さ | トップページ | ワールドカップ予選日本代表・・・ボディコンタクト・バランス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中山前大臣辞任にみるスポーツの大切さ | トップページ | ワールドカップ予選日本代表・・・ボディコンタクト・バランス »