« ホームページ改築 | トップページ | 本日よりHP運用開始 »

2008年7月 3日 (木)

クラブとは・・・

本日、JFAハウスにてadidas cup 2008 日本クラブユースサッカー選手権U18大会抽選会が行われました。

今年度も大会実施委員として無事抽選会を終えることができました。とあるJクラブのなつかしい後輩にも会うことができ、充実した一日でした。

Jリーグができ、この大会もほとんどがJクラブ下部組織で占められ、レベルも格段に高くなりました。ユース年代育成の場のひとつとして、なくてはならない環境です。

また、クラブの在り方や今後の展望などを垣間見ることもでき、他種目の育成環境にも大いに参考となると思われます。

しかし、まだ認知されない理由として考えられることは、高体連部活動チームに比べ「強いとか弱い」ではなく、「クラブ」という視点で地域になじみきれておらず、どうしても”チーム”として比較されている傾向にあるのではと考えます。

故にどうしても紙面情報は大会結果のみになりがちです。

ここ富山でもJを目指すクラブ、カターレ富山が活躍していますが、メディアではなんとなく「県民クラブチーム」という表記、アナウンスが一般化しています。「クラブチーム」の反対語は「部活動チーム」や「企業チーム」なのでしょうか。Jクラブ事業の目的はチーム作りをしているだけではないはずです。

今後、「クラブ」と「チーム」の違いが地域に理解され、誰のためのクラブなのか実感できるまで、地域との関わりや情報伝達が重要になりそうです。

リニューアルされるホームページなどでお伝えできればと思います。

|

« ホームページ改築 | トップページ | 本日よりHP運用開始 »

コメント

富山県に根付き、県民に愛される、クラブのチーム なんだって ぐらいの理解しか訴えてないんでしょうね・・・カターレ自体も
マスコミや県協会は安易に使わないほうが良いですね!
県民が誤解すると可愛そうです。

というわけで、今後、今一度「クラブ」の定義と、好事例とそうでない事例を紹介してください。
是非お願いします。

投稿: ライム | 2008年7月 4日 (金) 16時53分

ライムさん
コメントありがとうございます。
数日中にリニューアル予定の
HPにてUPしていきたいと思います。
しばらくお待ちください。

ここで簡単に言うならば「チーム」は強い集団をつくり、試合に出て競争する単位。しない人に目を向けず、チーム間でのつながりもない、内輪の活動。
「クラブ」は「チーム」としてのフィールドから出てしまえば、住民交流などを含め、する人もしない人も関係なく、運営などに積極的に参加できる、開かれた公共性の高い場所と言えます。

詳細はいずれHPで。

投稿: GM | 2008年7月 4日 (金) 17時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホームページ改築 | トップページ | 本日よりHP運用開始 »