« 30000ありがとうございます | トップページ | クラブユース選手権U18大会終了 »

2008年7月26日 (土)

adidas cup 2008 日本クラブユース選手権U18開幕

今年も大会実施委員長としての業務がはじまりました。

008

020006

015007 昨日Jヴィレッジ(福島県)入りし、代表者会議を終え、本日は先ほどグループリーグ第1節が始まりました。詳しい情報はhttp://www.jcy-football.com/ で確認できます。

こちらは昨日より富山では考えられないくらい涼しく、熱中症対策でもあるWBGT測定値は21.9度で、私は今ウインドブレーカーを着ているくらいです。

この大会はクラブユース連盟に所属するU18年代のチャンピオンシップ大会です。違うゾーンでは高体連(高校部活動チーム)がインターハイを行っています。

現在、日本サッカー界は、クラブ・高体連・それぞれの連盟の垣根を取り払い、2種年代(U18年代)で急速に広がりつつある都道府県リーグ、その上位チーム・クラブが集まり9地域で行われている「プリンスリーグ」、その代表が集結し、真のチャンピオンを決める高円宮杯U18など、子供たちを取り巻く環境整備は進みつつあります。

そういう意味では、このクラブユース選手権やインターハイは、それぞれの連盟内の「カップ戦」的役割を果たそうとしているのかもしれません。「ユース年代の育成の場」として他の種目から見ても手本となることが重要です。明確なミッションを掲げているサッカー界にはその責任と義務があると感じています。

富山でJクラブ入りを目指しているカターレ富山も下部組織を持てば、クラブユース連盟に所属し、「育成・強化」と「普及」環境整備を地域でうまくリードしてしかなくてはなりません。

この大会実施委員長・副委員長が高校・中学教師であることが、いろんなことを意味しているような気もするわけですが、それはサッカー界の柔軟さであり、グローバルなところなのだろうと思います。

メディアの目も少しずつ増えてきています。大会結果だけでなく、この大会の意味を感じていただけるとうれしい限りです。

準決勝・決勝は場所を横浜:ニッパツ三ッ沢球技場に移動して行われます。さまざまな立場を超えた、多くの支えでこの大会が成り立っていることに、改めてスポーツの素晴らしさを感じているところです。

|

« 30000ありがとうございます | トップページ | クラブユース選手権U18大会終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 30000ありがとうございます | トップページ | クラブユース選手権U18大会終了 »