« 蹴球魂さんありがとう | トップページ | 抽選会終了 »

2006年7月 4日 (火)

中田引退は初ゴール!!

中田が引退宣言したようですが、とっても彼らしいと感じます。

そもそも人生「サッカーしかない選手」とは違い、サッカーと共に暮らしてきた選手でしたので、暮らしが変わればサッカーは側にいないことも予感していたと思います。

また自分なりに考えたことですからそれはそれで良いのだと思います。

これからどう生きるのかが大事で、サッカーを通じて学んだこととは今後の暮らしの中で証明されるのかもしれません。

またイメージを落とすことなく引退するタイミングを見抜いているとも思います。そういう意味では彼は演出家として、マーケターとしても優れているのかもしれませんね。

思い起こせば1982年W杯スペイン大会の時、引退したブラジル代表ソクラテスはすぐに整形外科医になっています。スポーツライフの意味、スーパースターの付加価値、高い称号の意味を知っている人は、第2の人生もサッカーというスポーツライフ同様に楽しんでいるのだと思います。

「サッカーしかない」人生ではサッカーを楽しんだことになりません。どちらかと言えば最終的に「サッカーを苦しんだ」事になります。

オフ・ザ・ピッチでも「したたか」&「クール」なプレーで、「引退」という「キラーパス」を出してくるところが中田のプレースタイルなのだと感じます。

中田はW杯でこそゴールはなかったものの、スポーツ選手の価値を高める「ゴール」を今決めたかもしれません・・・・

それもスーパープレーと言えるのではないでしょうか。。。

|

« 蹴球魂さんありがとう | トップページ | 抽選会終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蹴球魂さんありがとう | トップページ | 抽選会終了 »