トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

富山県U-18リーグ戦開幕

昨日プリンスリーグを途中にして帰りましたが、今日はTSCが運営している「U-18スクール」とクラブ申請している「速星中学生」が出場できる公式戦「富山県U-18リーグ2006」の開幕戦でした。

3部Bブロックに所属している我々のクラブのチーム名は「FC富山U-18」です。

一昨年は1部リーグに所属し8チーム中7位でした。昨年チームが形成できず出場していませんでしたが、今年度はU-18のクラブとして参加可能となり、一番下の3部からの再参加となりました。

本日第1節の対戦相手は「富山西高校」でした。

植野監督からの報告によると前半は1-2と善戦していたのですが、後半3失点をし、1-5で敗れたそうです。

しかし富山県で初のU-18クラブ(2種)と中学校部活動(3種)が日本協会にクラブ申請をし、公式戦に参加できたことは、今後のサッカー界におけるクラブや学校部活動のあり方に「一石を投じることができたのでは・・・」と監督は言っていました。

近年では少子化のため部活動が成り立たなくなったり、教育界の負担軽減策としての部活動の積極的な削減や地域への移管、図抜けた小・中学生が上のレベルで公式戦参加できないなど、社会のニーズに応えられず問題視されています。

私たちはこのような活動を通してスポーツ界や教育界に解決策の一つとして投げかけていくことが必要と感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月27日 (木)

プリンスリーグ開幕

明日からJFAプリンスリーグ北信越2006が新潟アルビレッジにて開幕します。

私の役割は大会総務委員長です。

2種(U-18年代)で最高峰の大会として位置づけられている高円宮杯全日本ユース選手権の出場権をかけて戦う大会です。クラブと高校部活動の垣根をとって行われる真のチャンピオンを決める大会として注目されています。

富山県はプリンスリーグにつながるU-18リーグ(Tリーグ)を行っています。

全国的にも先進的な取り組みとしてこの大会も注目されています。今年は福島県が富山を参考にしてU-18リーグを立ち上げました。

富山が発信源となったすばらしい功績と思います。こういう話題がメディアに紹介されると富山は少し元気になると思うのですがどうでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水)

大会実施委員会

今日は17:00より日本協会にてadidas cup 2006 日本クラブユース選手権大会の実施委員会があります。職場を休暇にて12:00頃出発し、本日夜行「北陸」で戻ります。

私にはいくつかの立場があり、楽ではない日々を送っていますが、今回は4年目を迎える「大会実施委員長」として議事を進めてきます。

私は現在高校教諭ですが、クラブユースの世界は私の視野を広げてくれます。

実は私たちTSCのコースにあるU-18スクールのみなさんは前身である立山ベアーズ時代に2000年度北信越予選を勝ち抜き見事この全国大会に出場しています。Jクラブの下部組織を相手にすばらしい経験をしましたね。

そのときのみんなは今何をしているのだろう?中にはコーチとして戻ってきてくれている人もいます。。。。

そろそろ急がなくては・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月25日 (火)

挑戦

はじめまして。

本日ブログを開設しました。

スポーツで世の中を少し元気にしようと、

NPO法人富山スポーツコミュニケーションズを立ち上げた、「GM(ゼネラルマネジャー)」です。

ですからニックネームはGMでお願いします。

気が付いたことや感じたことを述べていきたいと思います。

よろしくです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年5月 »